中村真(ピアニスト ジャズ)

1972年1月14日大阪府豊中市生まれ。川嶋哲郎、石崎忍、安カ川大樹、TOKU等のアルバムにも参加。また綾戸智恵のコンサートツアーにも参加。2002年、ポップ・アヴァンギャルド・ジャズグループ「キムサク」のファーストアルバムをeweよりリリース。自転車による全国ソロピアノツアーを企画。現在「にはたづみプロジェクト」を主宰し、ミュージックキャンプ企画、ワークショップやコンサート事業、レコードレーベル運営などを通じて非営利の団体による21世紀の新しい芸術活動のあり方及び、芸術活動保証のあり方を提案している。

 

 

上野賢治(フルーティスト クラシック・現代音楽)

オランダ・アルネム芸術学校音楽科卒。フルートを小野田裕子、村野元孝、大久保功治、高橋眞知子に師事。また、ジャズフルートをユルグ・カウフマンに師事。合奏指導法・指揮法をレックス・フェーロに師事。第29回国際芸術連盟新人オーディション合格。奨励賞、受賞。全日本演奏家協会主催、第1回ドイツ音楽コンクールにて優秀賞(最優秀賞該当なし)、受賞。 第6回“万里の長城杯”国際音楽コンクール・アンサンブル部門2位(1位なし)。第5回大阪国際音楽コンクールファイナリスト。2007年、フルートとハープのためのオリジナルアルバム”シェナンドー”をリリース

 

高橋 淳(ダンサー コンテンポラリーマイム)

マイムを学ぶかたわら学生時代よりコンテンポラリーダンスを始める。1995年にパフォーマンスグループ「水と油」を結成、以後国内・海外問わず精力的に公演活動を行い高い評価を得る。2006年に水と油がカンパニーとしての活動休止を宣言した後はソロプロジェクト「じゅんじゅんSCIENCE」を立ち上げ、マイムのテクニックをベースにしつつもより抽象的な動きや振付に特化したダンス作品を製作・上演している。2010年の文化庁新進芸術家海外研修を終えて以降はダンスにおける音楽性という観点からクリエイションを行うことが多く、「ダンスが純粋なるダンスのまま観客に届く」ことを追求し続けている。

大村 亘 (ドラマー、タブラ奏者 ジャズ)

1981年東京都出身。シドニー大学、シドニー音大ジャズ科卒。2006年帰国し、活動拠点を東京に移す。横浜JAZZ PROMENADE、東京JAZZ、NHK Session、などといったメジャーなジャズフェスティバルや番組にも多数出演。海外のアーティストとも共演が多く国内問わず海外のアーティストからも厚い信頼を得ている。2013年からはインド古典音楽界に傾倒しタブラ奏者Pandit Yogesh Samsiに師事。2015年に文化庁より新進芸術家海外研修員として選定され2016年年明けよりインドムンバイにて80日間の研鑽を行う。

落合康介 (ベーシスト 馬頭琴奏者 ジャズ )

神奈川県鎌倉市生まれ、千葉県袖ケ浦市育ち。幼少よりピアノ、高校中退後に親戚のジャズピアニスト中山静雄の勧めでコントラバスをはじめる。またネルグイ氏の馬頭琴の音色に衝撃をうけ嵯峨治彦にレッスンを受ける。自己のリーダーバンド林栄一asかみむら泰一ts古和靖明g石田衛pf本田珠也dsとの「ありがとうオーネットコールマン」また、物音を使ったジャムセッション「縄もんセッション」を主催。その他都内を中心に活動中。

ライブスケジュールなど

ちゃる(ダンサー タップ)

幼少からクラシックバレエ、ピアノに興味を持つ。ダンス創作に目覚め、コンテンポラリーダンスなどに出会う。独学でタップダンスを始め、コンテンポラリーダンスと掛け合いオリジナルジャンルを創り出している。タップと音楽を融合をしたショーとの衝撃的な出会いからタップダンスにのめり込む。ミュージシャンとは、どんなジャンルでも演奏パフォーマンスを行っている。1年に1度の創作集大成の舞台”charu with friends -TapmPorary-”では、コンテンポラリーダンス、ストリートダンス、タップダンス、生演奏を融合。現在の活動はライブ、公演、ワークショップ、映像制作、グッズの販売と多岐に渡る。

[ YouTube ]