橋爪亮督とのデュオのアルバムのマスターが仕上がってきました。いわゆる原盤です。今の原盤はディスク一枚なのです。

キムサクの原盤は段ボール箱一杯ありました。これは僕のレーベル、にはたづみプロジェクトのにはたづみレコードからの発売になります。にはたづみレコードでは、アートディレクターでもある僕の独断のみが基準となり、アーティストを選定してアルバムを作っています。現在までに、木原鮎子、小泉やよい、助川太郎、そして、発売元として中村洋一のアルバムを、現在までに発表しています。このレーベルを立ち上げた理念としては、アーティストに対してのアルバムの贈与、また、僕の今まで活動してきたフィールドを提供することにより、活動の幅を広げてもらう、ひいてはアルバムの販路を広げてもらうことにつながる。そして、売り上げた資金はまた次のアーティストに対してバトンされていく、という贈与の理念から生まれています。故に、自作を出すのは理念に悖るのですが、様々な事情により、自作とその次の作品は、自身のトリオとソロのライブアルバムになる予定です。ソロは、にはたづみプロジェクトのコンサート実行委員会主催の、露玉もゆらvol.5のライブ盤です。今後とも素晴らしいアーティストに焦点を当てていい作品を作っていきたいと思っています。

中村真

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中